m i k i l i z m

重症アトピーから復活!トータルヘルス情報発信中☺︎アトピー体験記も公開してます♬

【断捨離】人生は足し算より引き算

「なんだかモヤモヤするなぁ」
「ずっと心がすっきりしないけど、あれ?自分てなにに悩んでたんだっけ?
「どうして彼(彼女)」はわたしにかまってくれないの?」
「あの人、自分勝手すぎ。私はこんなにがんばってるのに、腹立つわー!」
「みんなのために私ががんばらなければ」


こうやって
世界にたった一人しかいない自分を
やりたくないことまみれ」にしてませんか??

 

あなたは
・1日中モヤモヤしてたいですか?
・「彼(彼女)がかまってくれない」と執着していたいですか?
・自分勝手にふるまう人のために大切な自分の時間をイライラするのに使っていたいですか?
・「みんなのために」時間を使いすぎて、自分のことお粗末にしていませんか???


・・・イヤですよね^^?
どんな時間だって自分の大切な時間のはずです。

 

では!いますぐ、「今この時」から
その気持ち取っ払っちゃいましょう!

まずはすぐにできることから^^

≪もくじ≫

 


1. 自分の部屋(もしくは家)はいらないものであふれてませんか?

 

よく、「部屋の状態は心の状態」なんていわれますよね。これ、あながち間違いではないんです。

筆者の周りを見ているだけでも、決断力があって自分の意見がしっかりしていて人に何かを伝えることが上手であったり、時間の使い方が上手な人って、机の上がとてもきれいに整理されています。行動に迷いがないんですよね。ちょっと迷ったとしてもズルズル悩んだりしないんです。
一方、部屋がゴチャゴチャしてて、クローゼットからどころか、中の衣装ケースからも服があふれてる筆者の友人は、とにかく彼氏の浮気が心配(した事実はなし)で疑心暗鬼で自分の首をしめながら相手も束縛してしまっている。いつも相談を受けるけれど、結局なにがしたいのかわからない。。。の堂々巡り(;’∀’)

対局な2人をみていると、整理整頓って大事なんだなぁと再確認させられますね。

 

2.まずは「捨てる」からはじめよう!


①捨てる順番は衣類→本類→書類→思い出の品

 

② 捨てる前に「どんな生活がしたいか」考える

 

筆者は、スタバみたいなシンプルかつおしゃれな部屋で、お気に入りのコーヒーを入れて雑誌を読みながら自分の時間をゆっくり過ごせる部屋で、無印女子スタイルで過ごしたいという願望があります^^

 

③ 「ときめくもの」だけを残す!


これは、こんまりさんの「人生がときめく片付けの魔法」にならっていますが、

・傷んでないし、まだ着れそう(使えそう)
・家着として役にたつ(かも!)
・本は「また読みたくなるかも・・・」
・今後使うことのない領収書など

↑これらは一切排除しましょう。
あくまでもトキメクものだけを残しましょう。
筆者は1年以上、探しもしなかったものはほとんど捨てました。本は、スペースを確保して、そこに収まる分だけ残すと決めて思い切って排除!


④ 思い出の品は( ノД`)?


中には、青春時代に友人とやり取りした手紙やお土産のキーホルダーなど、捨てにくいものもありますよね?
しかしここはグッと強い意志をもって破棄です!
ちゃんと「ありがとう」とお礼を言ってですよ^^
過去に感謝し、「今の自分」を優先させましょう。

 

3. やりたくないことリストをつくろう

 

何にでも悩んでしまう人って「やりたいことを見つける」って難しいと感じませんか?好きなこととか本当にやりたいことやってみればいいじゃない??なんて人からアドバイスされて考えてはみるものの、「やりたいことがわからない」でまた悩む。。。
完全に負のループに入りましたね(;^_^A

そんな人はまず、「やりたくないこと」をリストアップしましょう!

リストアップしていくうちに、自分の本心がどんなことを望んでいるのか浮き彫りになってきます。

どんなささいなことでもいいので100個リストアップしてみてください^^それが自ずとやりたいことへの原動力となっていきます。

 

4. マヨネーズの瓶と2杯のコーヒー

 

このお話は「人生における大切なもの」を考えるきっかけとなる海外で有名なお話です。
毎日忙しい、1日24時間じゃ足りない!と思うときにこのお話が、あなたの人生を考えるきっかけになればと思うので紹介します^^


哲学の授業が始まる前に、1人の教授があるものを持って教壇に立った。

 

授業が始まると、彼は黙ったまま、非常に大きなマヨネーズの瓶(海外ではマヨネーズは瓶で売られていることが多い)を手にとり、その中に「ゴルフボール」をいっぱいになるまで詰め込んだ。

教授生徒たちに「この瓶はいっぱいですか?」と尋ねた。
生徒たちは「いっぱいだ」と答えた。

 

次に教授「小石」の入った箱を取り出し、それを瓶に注ぎ込んだ。彼は瓶を軽く振り、小石はゴルフボールの間にある隙間を埋めていった。

 

教授はまた生徒たちに「この瓶はいっぱいですか?」と尋ねた。
生徒たちは再び「いっぱいだ」と答えた。

 

次に教授はテーブルの下から「2つのカップに入ったコーヒー」を取り出し、砂と砂の隙間を埋めるようにそのコーヒーを瓶へ注ぎ込んだ。

 

生徒たちは笑った。

「さて」

教授のこの言葉に、生徒たちの笑が止まった。


「この瓶は、あなたの人生を表していることに気が付いてほしい。ゴルフボールは人生の中で最も大切なもの。あなたの家族・子ども・健康・友人・情熱などの重要なものを表している。たとえ他の全てを失っても、これらの大切なものが残れば、あなたの人生は満ち足りたものになるだろう」

 

小石はそのほかのもの。例えば、仕事・家・車など」

 

砂はほかの小さなものを表す。もしあなたが初めに砂で瓶をいっぱいにしてしまったら、小石やボールを入れるスペースがなくなってしまう。これは人生と同じで、もしあなたが些細なことに全てのエネルギーと時間を費やしてしまったら、あんたは決して大切なものを手にすることができないだろう

 

「あなたの人生における大切なものに気をかけてください。子どもと遊びなさい。健康診断を受けなさい。パートナーと食事に行きなさい。掃除や片付けなんかはいつでもできるのだから。人生におけるゴルフボールを大切にしなさい。優先順位をつけるのです。ほかのものは全て単なる砂です。」

 

すると1人の生徒は手を挙げ「では、コーヒーは何を表しているのですか?」と質問をした。

教授が笑いながら「よくぞ聞いてくれた」と言い、

 

「これは、人生がどんなに手一杯に見えても、“友達と一緒にコーヒーを楽しむ時間はいつもある”ということを表している」と答えた。

 

 

 

5. 筆者の体験談


筆者はマヨネーズと2杯のコーヒーの話を聞いてから、つまらないことに悩みたくない・自分を大切にしてくれる人たちとの時間を大切にしたいと思うようになりました。
自分のしたいこと・したくないことをはっきりさせていきたいと思い立って、すぐできそうな断捨離からはじめて現在に至っています。
まだまだこじらせグセが抜けないところもありますが、以前の自分より芯がぶれなくなってきましたよ^^
以前は好きな人と一緒にいるとき「こんなこと言っら嫌われちゃうかな?迷惑かな?」とか思ってグッと我慢してしまうエセ・いい子やってましたが、大切な人こそ自分の本音を伝えるのって大事だなとやっと実感しましたね(;´∀`)
「あー嫌われたなこりゃ。終わった~」なんて
絶望にしてたらお相手が真剣に考えて返事してくれたり「あれ?!」予想と違う!ってびっくりしたことがあります。。

 

ということで、自分の人生に
不必要な物、つまらないプライド・恐れなどを足していかずに引き算してくことで

自分にとって大切な物に気づきましょう^^

そうすればあなたの人生が今よりもっとキラキラして幸せなものになるにちがいありません✨


では、今日も素敵な1日を^^♬