m i k i l i z m

重症アトピーから復活!トータルヘルス情報発信中☺︎アトピー体験記も公開してます♬

【最強の美容ドリンク】甘酒アーモンドミルクのドリンク♡

 

今回は

飲む点滴とも言われる甘酒と

アンチエイジング効果のあるアーモンドミルクの

コラボドリンクの紹介です☺︎✨

 

《レシピ》

甘酒とアーモンドミルクの量を

1:1の割合でミックスするだけ。以上!

寒い日は温めて、暑い日は冷やしてもgood!

  

www.chanmiki.xyz

 

 

 

アーモンドミルクは美容に興味がある方は聞いたことあるかもしれませんね☺︎

 

 

 1.アーモンドミルクってどんなミルク??

 

そのままのとおり、アーモンドから作られたミルクです。

水に浸したアーモンドをミキサーなどで砕き、水を加えてガーゼなどでろ過した植物性飲料です。

 

 

2.アーモンドミルクの効果ってなに?

 

低カロリー

ノンコレステロール

乳製品フリー

ビタミンE豊富(ごまの約310倍とされています)

 

 

 

3.そもそもアーモンドの栄養成分って??

 

ビタミンE…強い抗酸化作用あり

ビタミンB2…脂肪燃焼を促進してくれる

オレイン酸…皮下脂肪になりにくい脂

食物繊維…ごぼうの約2倍。

       腸内環境を整え、余分な脂肪を排出する

 

 

 

 

 

4.ビタミンEの働きって??

 

・人の細胞膜や血液中の脂質が活性酸素によって酸化されるのを防ぐ働きがある。

ビタミンEは脂溶性のため、脂に溶けます。細胞膜は脂でできているためビタミンEが作用し、老化予防やアンチエイジングが期待できます。

 

 

 

 

・血管の健康を保つ。

 

血液中のコレステロールが活性酸素によって酸化し、血管の壁にくっついてしまう(動脈硬化という)のを、ビタミンEの抗酸化作用で防いでくれる。

 

 

 

・毛細血管の血流を促す。

 

冷え性や肩凝りに効果が期待できる。

肌への栄養も回りやすくなり肌荒れ予防効果もある。

 

 

 

5.ビタミンEをよりよく働かせるにはビタミンCが必要!

 

活性酸素をやっつけるために働いたビタミンEは、その役目を終えると、次にやってきた活性酸素を除去する力がなくなってしまう。

ビタミンCを一緒に摂ることで、その力を復活させることができるのです☺︎

 

 

 

 

 

6.でも摂りすぎはダメなんでしょ??

 

確かに脂溶性ビタミンのため、過剰摂取は気をつけたほうが良いです。

しかし人の体は、ビタミンEの吸収をコントロールできる仕組みが備わっているので、血中濃度が上がり続けることはないようです。

 

 

 

7.ビタミンEの理想の摂取量は??

 

18〜70歳 男性6.5mg/日

女性 6.0mg/日 となっています。

 

 

 

8.飲んでみた感想

 

甘酒の糀シリーズは大好きでずっと愛飲しています☺︎

ほどよいトロミ感としっかりした甘さがあって、デザート感覚で飲めちゃいます。

アーモンドミルクと一緒にすることで、よりサラッと飲みやすく、甘さも和らぎ、甘さが苦手な人はミックスしたほうがオススメです✨

 

www.chanmiki.xyz

甘酒も体をポカポカさせてくれますし、アーモンドミルクにも血管を拡張する効果もあるので、冷え性対策に相乗効果を狙って飲んでみようと思います。

 

また、冬だけでなく、夏バテ対策にも一役買ってくれる甘酒。

この新潟からお届けする甘酒専門店の糀の甘酒 が作る甘酒はノンアルコール・保存料・添加物・人工甘味料一切なしの

米どころ新潟県の甘酒専門店が作っている甘酒です✨

ちいさなお子様もデザート感覚で飲めてしまうし、夏に食欲が出ないときは冷えた甘酒を取るだけでも体に優しく、栄養価の高いものが摂れていいです^^

 

今年の夏も冷蔵庫に鎮座していることでしょう・・・💛