m i k i l i z m

重症アトピーから復活!トータルヘルス情報発信中☺︎アトピー体験記も公開してます♬

本来、生理痛は必要ないもの。

こんにちは、ちゃんみきです。

 

今回のテーマはちょっとザワつきますよ!!


実は…生理痛って本当はないものなんです

 

 


ザワつく~笑

 


私もこれを知るまでは、生理痛は当たり前のものだと思ってました。

 

中学生のころは生理痛がひどすぎて、


「い、家に!家に帰らせてください(´;ω;`)」

 

とよく保健室の先生に言ってました。

でも帰らせてくれなくて…

 

「なら、痛み止めください!」って言っても

「女の人は出産するんだから痛みに慣れておかないといけないよ!だからむやみに薬を飲んじゃダメ!」

 

なんて言われたり。今思うと恨みたくなる…

 

けれど周りをみると生理痛がある人がほとんどというか、ない人なんているの?ぐらいなので

 

生理痛ないひとなんてもはや絶滅危惧種じゃないですか?!

 

しかし、当たり前だと思っていた生理痛、

 

本当に、本来はないものなのです。

 

もう一度言います!

 

本来、生理痛はないものなんです!!!!
(最近、このしつこいスタイルですんません笑)

 

ということで生理痛についてです

 

≪もくじ≫

 

1. 生理痛ってどこからきているの?

生理痛にはプロスタグランジンというホルモンが影響しています。
子宮は妊娠に向け排卵期がきて、受精卵が着床する準備を始めます。そして、着床しなかった場合、生理となり、経血が外に出てきます。その際、プロスタグランジンが子宮を収縮させ、排出を促し、その収縮が痛みとなります。

 

2. 生理痛がひどいと発症しやすい疾患

○何らかの病気が隠れている器質的月経困難症

子宮内膜症
子宮筋腫
子宮繊維症


○原因となる病気のない機能性月経困難症


子宮や卵巣が未成熟、冷え、ストレスなど
思春期の女性に多い症状です。

 

3. 生理痛への対策

とにかく外からも内からも冷えを取ることが必須

温かい飲み物を摂ったり、軽めの運動をして血流を促しましょう。

そして、いつも使う生理用ナプキン。これも、コットンでできているとうたわれていたりしますが、漏れ防止に化学繊維が使われているものがほとんどです。あの化学繊維が膣から子宮を冷やし、血流を滞らせていることがあります。

なので現在は、布ナプキンが流行ってますね^^私も実際使用していますが、あの包まれてあったかい感じがなんとも言えないくらい快適で、生理痛の緩和に一役買っています✨

4. まとめ

いかがでしたか?
本来生じることがない生理痛は、日ごろの生活習慣からきているものなのです。これがなかったら超快適なのに…(´;ω;`)
みんなそうですよね!!冷え対策、特に女性は意識して取り組みましょう!!!